セルフメディケーション税制

このエントリーをはてなブックマークに追加

H29年1月1日からH33年12月31日までの間に、自己または自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る一定のスイッチOTC医薬品の対価を支払った場合、その対価が1万2千円を超える部分がその年の総所得金額から控除(上限8万8千円)されます。

特定健康診断、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診などの疾病予防の取り組みをしている人が対象になります。

販売されているスイッチOTC薬のかなりの商品が対象になりますが、指定された成分を含むOTC薬が対象になるので対象外の薬もあるので購入時にはご注意ください。

OTC薬は「over the counter」の意味でカウンター越しに購入するお薬という意味です。

ドラッグストアなどでお薬を購入する際、生活用品等と一緒に購入する場合には会計を別にしておく(レシートを取っておく)と確定申告時に便利です。販売店側ではセルフメディケーション税制対象商品は値札にマークを入れたり、レシートにマークをつけたりしていますが、レシートは長期保存すると印字が薄くなることもあります。初めから分けて管理する方がいいでしょう。

商品の一部ですが、アレグラ(花粉症などアレルギーの薬)、イブ(鎮痛剤)、エアーサロンパス(シップ)、オイラックスPZクリーム(皮膚用塗り薬)、コンドロビーEX(コンドロイチン)、新コンタックかぜ総合(総合かぜ薬)などなどです。

随時、通達などが出ているので変更等が出る可能性があります。

医療費控除とセルフメディケーション税制はどちらかのみ選択になります。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です